検索
  • Yoichi Izawa

WAIWAI STEEL BAND NEW EP『Cleared for take off』

最終更新: 7月15日



〜WAIWAI STEEL BAND 情報解禁〜

NEW EP『Cleared for take off』

Playwrightレーベルより / 2020年7月1日リリース!


書き下ろしの新曲に、ライブであたためてきた曲、カバー曲とバラエティにとんだ

新たな『WAIWAIミュージック』がぎゅっと詰まったEPになっています。


WAIWAIを楽しみにしてくれている皆さん

これから出会う皆さん、時がきたら届けにいきます。


New EP「Cleared for take off」

Release|2020.07.01 Label|Playwright

飛行機が飛び立つ際、管制塔から離陸許可を得た時に発する言葉“Cleared for take off”.

13人で新たな局面に差しかかり、この言葉を携えて新天地へ出発していく音楽を歌う.


○ EP 「Cleared for take off」情報サイト

https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/88343


○ EP 「Cleared for take off」ご予約、販売サイト

https://diskunion.net/jazz/ct/detail/1008118998


〜ディスクユニオン通販 予約特典〜

Party the Playwright 2020 ダイジェストDVD-R

https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/1/88321


WAIWAI STEEL BAND HP NEWS

https://waiwaisteelband.com/news/323


01. Cleared for take off

02. Atmosphere

03. New Morning

04. コソアド

05. Double Rainbow

06. Points & Lines


新たなる旅路へ―飛行機が飛び立つ際、管制塔から離陸許可を得た時に発する言葉である“Cleared for take off”。この言葉を携え、新たな局面に差しかかったWAIWAI STEEL BANDが、新天地へと一歩を踏み出す。

出発の合図で加速し飛び立っていくような、明るくエネルギッシュなタイトル曲1:Cleared for take off、続く2:Atmosphereではノスタルジックな音色と心地良い浮遊感で旅情を味わえる。3はブラジリアン・フュージョンの大定番、Kitty winter gypsy nova「New Morning」のスティールパンでしか成し得ない新たなアプローチの秀逸カヴァー。男女のヴォーカルで微笑ましい会話が続くカリプソソング4:コソアド、爽やかに漂うグルーヴと開放なアンサンブルが鳴る5:Double Rainbow、スティールパンの優しいタッチと温かみのある歌声が点と点を繋いで美しい一筋の線を描くような6:Points & Linesと、バラエティに富んだ楽曲でスティールパンという楽器の面白さ、楽しさを伝える。

その一音が心の琴線に触れる。スティールパンって魔法みたいだ。新天地へと出発していく音楽を高らかに響かせるWAIWAI STTEL BANDの音楽にぜひ触れていただきたい。


《メンバー》

・伊澤 陽一 - Double Second & Ukulele Bass

・渡辺 明応 - Tenor Pan, Ukulele & Vocal

・山崎 香里、平林 真百合 - Tenor Pan

・佐藤 雄介 - Double Tenor

・森山 蒼瑚 - Double Second

・佐藤 舞希、高橋 弘子 - Double Guitar

・岡田 めぐみ、高橋 実里 - Triple Cello

・田島 可菜子 - Tenor Bass

・鈴木 沙央梨 - Six Bass, Old Tone Tenor Pan & Vocal

・岡部 量平 - Drums & Percussion

93回の閲覧

最新記事

すべて表示
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now